サムライ達も認める節税効果

リノリースと一般のリフォームとの大きな違い。それは大規模工事を伴わない「表装リノベーション」であることです。その基本は、戦略と実績に裏打ちされたすごいえリノリースプランの独自の再生術にあります。建物の躯体には手を入れず改造を天井や壁の塗り替えや張り替えにとどめたうえで、空間のイメージをガラリと帰る、この手法によって工事のコストを確実に抑え、工期も短縮できるので、着工から入居までのスパンも短くなります。そのうえ、工事費は「減価償却」ではなく、その多くは単年度の「修繕費」として計上することが可能。これによって、大きな節税効果が生まれ、ひいては相続税対策にもつながります。資産の税務処理に悩むオーナー様にとって、このメリットは見逃せません。

サムライ達も認める節税効果

リノリースプランなら節税効果が期待できます。

税理士の立場から見ても、リノリースプランのシステムは非常に合理的なものだと思います。見逃せないのは、やはり節税効果でしょうね。リフォームにかかる費用を数年かけて「減価償却」で処理するか、単年度の「修繕費」で落とすか。これは大きな違いです。費用が全体で60万円を超え、なおかつ明らかに建物の「価値を高めるもの」または「耐久性をたかめるもの」に該当する場合は「資本的支出」とみなされ「減価償却」の対象となります。その点、リノリースの空間再生は躯体に手を加えない表装リノベーションですから、「修繕費」に相当する。これだと単年度で簡単に処理できますから、節税につながるわけです。とてもユニークな手法ですね。

リノリースプランは「オーナー冬の時代」の頼れる味方ですね。

私は、CFPの知識と経験を基に、不動産コンサルティングを幅広く手掛けています。その経験から言えるのは、いまはオーナーにとって「冬の時代」だということ。当然、投資には確かな戦略が必要です。ほとんどのオーナーは資産の3割程度の借入があり、その返済が大きな負担になっています。したがって、大規模なリフォームはお勧めできません。その点、リノリースプランでの再生術は理にかなっています。経費も1回の償却で精算できる。この税理的な効果を見ても、時代にピッタリの不動産投資といえるでしょう。

いい部屋づくりはトラブル防止にもつながります。

家賃滞納や敷金の払い戻しなど、賃貸トラブルを防ぐには、たとえば契約内容を詳細に決める、いい管理会社や優秀な弁護士を選ぶといった方法があります。しかし、不動産賃貸の管理を専門に扱う弁護士として思うことは、まずトラブルを起こしそうな入居者を入れないことが先決ではないかということです。魅力ある部屋づくりをして物件の競争力をあげ、家主側が入居者を選べる状態にしておく。そうしていい入居者を選んで住んでもらうことでトラブルを回避することが大切だと考えます。

問い合わせする!